img-1

バーコードの読み取りは今や誰でもセッティング可能…

パソコンとパソコン周囲のデバイスの進歩により今や誰でもがバーコードを作成し、バーコードリーダで情報を読み取り管理できる時代となりました。

読み取るバーコードも1次元コードと2次元コードの2種類があります。
航空機の搭乗手続きに利用するのは2次元コードです。
スーパーのレジで読み取るのは1次元コードです。テクノロジーの進歩によりいろんな機能の異なる読み取り機が開発されています。パソコンへの接続は今後USB接続が主流となってくると思われます。
管理用のアプリについても種々開発され、いろんな業界でいろんな使われ方が開発され、益々便利なテクノロジーとなりました。
読み取り機の種類としては「ペンリーダー:リーダが自分でスキャナーする」「CCDタッチリーダ:原則タッチさせて読み取る。離し読みはできない」「ロングレンジCCDリーダ:赤色光を投光し、2〜20cm離して読み取る」「レーザースキャナー:可視光半導体レーザーを照射し、2〜20cm離して読み取る」「2次元リーダー:赤色光を投光し2〜20cm離して2次元コードを読み取る」「定置式リーダ:ロングレンジCCDリーダ、レーザースキャナー、2次元バーコードリーダを専用のスタンドに固定したもの」があります。

自分たちで管理したい場合「インストアマーキング」という方式を使用し、PLUコードかnotPLUを使用しバーコードを作成します。


アプリケーションも自分たちでソフトを自由に組むことも可能です。

クラウドの勤怠管理が最近話題になっています。

タイムカードの勤怠管理の情報探しはそれほど難しくありません。

オーディオブックに関する良い情報をご紹介するサイトです。

マイナンバーのアウトソーシング関連情報を紹介しています。

タイムレコーダーに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

https://4meee.com/articles/view/143663

http://okwave.jp/qa/q6747602.html

https://4meee.com/articles/view/784035

関連リンク

img-2

給与計算の重要性を知っておく

会社を運営するときには、従業員を雇うことがほとんどです。会社の規模が大きくなるほど、従業員の数も増えていきます。...

more
img-3

バーコード読み取りレジでミスを少なく

レジを通過させるだけで自動的にバーコードを読み取り、値段を計算してくれるレジを利用してみませんか。値段シールを商品に張り付ける時間を省略できますし、在庫数を管理しておくだけで自動的に注文へ回せる連動システムも利用できます。...

more